第二回文学フリマ大阪(2014.9.14)に行った時に食べたものとかいろいろ

  • 2014.09.15 Monday
  • 18:52

なこです!

大阪文学フリマに行ってきましたので、記憶の薄れないうちにご飯とか交通・宿泊手段とかを記録しておこうと思います。

 

1.行きの交通手段

予約に出遅れてしまったので、安いツアーとかじゃなくて個別に新幹線と宿を手配しました。

新幹線はチケットショップで回数券のバラ売りを買うと定価より千円くらい安い。

新横浜から新大阪まで13,000円くらいです。

指定席の券ならみどりの窓口に持っていけば席を指定できます。

ちなみに、自由席と千円くらいしか違わないので体力と根性のない人は指定席がおすすめ。

 

2.宿

直前で宿泊する日を変更したのでBooking.comでゲストハウスを予約しました。

のですが、いろいろあって結局そこには泊まれなかったのです…

 

3.大阪のお洒落スポット・中崎町へ!

「ローズテクニーってなんだろう」などと思いつつ、反射神経が鈍い上に決断力がないので車内販売を逃しつつ、びゅーんと新幹線で大阪に到着。

「おとそ大学パブリッシング」のにゃんしーさんに連れられてやってきたのが大阪のおしゃれタウン中崎町です。

原宿のおしゃれさと谷根千のレトロ感のある感じ。

 

まず打ち合わせのために赴いたのは「Salon de AManTo 天人」

http://amanto.jp/japanese

独特かつよそんち感あふれる空間でした。

二階の席(というか座敷)はおばあちゃんち感あふれてました。

チーズトーストとコーヒー、おいしかったです。しかも安い。

 

そして街を散策。

グリーンシティという建物に雑貨屋さんや古着屋さんが入っているので見学したり。

 

にじゆら 中崎町本店(手ぬぐい屋さん)

http://www.nijiyura.jp/hpgen/HPB/entries/305.html

 

アクセサリーとボタンのお店『Atlier shop LOGIC』(かわいいボタンと手作りアクセサリーのお店)

ボタンが4シート1000円という特価だったので購入しました。

http://ameblo.jp/logic-102/

 

Orange(古着屋さん)

かわいいスカートとかいっぱいあったけど、試着したら欲しくなっちゃうので眺めるだけでした!

http://orange115.exblog.jp/

 

他にもいろんなお店とかギャラリーとかご飯やさんがあってすてきな建物でした。

大阪は全体的に階段が急です。

 

このあたりはレトロな建物がたくさんあって、改装してカフェとか雑貨屋さんになってたりするのでおしゃれな人たちにはメッカなのでしょう。

でも昔ながらの駄菓子屋さんとかもあった。

 

4.大阪の中心部・梅田へ!

マイフレンド・白昼社の泉由良さんに会うために歩いて移動して梅田へ。

このへんは有楽町っぽいのかなと思いました。

有楽町にも阪急あるしね。

 

その後地下街を彷徨い、夕ごはん&アルコール摂取のために大阪駅前第三ビルへ。

なこパワーで良いお店を探して入ったのが「居酒屋またきたの」です。

http://ekimae3.jp/b2f.html

http://r.gnavi.co.jp/hz8cedu00000/

 

きっと普段は、サラリーマンの人がお夕飯兼晩酌のために立ち寄る店なんだろうなーと推測。ランチもあるみたい。

お刺身とかコンビーフ玉ねぎとか、山芋焼きとかもずくとかだし巻きたまごとか牛すじとかいろいろ頼みましたが全部美味しかったです。

お料理上手なマスターのお店でした。

おすすめ。

お酒も安いよ。

しかし、大阪ではウーロンハイに炭酸が仕込まれているものなのか、という謎が残りました…

 

5.宿泊できず、天王寺へ…

Booking.comで天神橋筋六丁目のゲストハウスを予約していたのですが、いろいろ手違いがあって宿泊できず…

(キャンセル料は無償で対応頂きました。大阪ハウスというところです)

すでに夜10時を回っていたため、急いで天王寺へ向かいます。

東京で言えば道玄坂円山町、いわゆるラブホ街です。

動物園もあるし、上野みたいな感じなのかも。

普通のラブホに普通に宿泊しましたが、二人で6000円でしたし休前日の夜でも泊まれたし、これはこれで選択肢としてありなのでは。

夜の間は気にならなかったものの、朝になったら外から入ってくる空気が変な匂いだったのはちょっとマイナスポイントかな…

それ以外は快適でした。

テレビもベッドも大きいよ!

 

6.天王寺で昼ご飯

11時のチェックアウト直前までラブホを満喫し(お風呂も広い!)、朝ごはんも食べていないので腹ぺこで天王寺駅へ向かいます。

地下街にある昔ながらの喫茶店「心斎橋ミツヤ」で早めのランチです。

http://avetika.osaka-chikagai.jp/shop_detail/id=198


本当はモーニングが食べたかったのですが、ぎりぎり11時過ぎてましたね…

大阪はチェーンじゃない喫茶店やカフェがたくさんあって良い感じです。店内には単数のおばちゃんとか複数のおばちゃんとかが沢山いました。お父さんとお子さんの二人連れも何組か。

なこは小さめのおかずを二種類選べるセットで、グラタンと揚げ物サラダをセレクト。

どちらも超うまかったです!

胃が弱っていて完食出来なかったのが心残り…

ハンバーグドリアもおいしそうだったなー。

大阪の人は生卵をオンするのが贅沢なのでしょうか。自由軒のカレーもそんな感じらしいし。

なこも生卵すきです。

 

7.なかもずへ。

天王寺から地下鉄で一本、大阪文学フリマの会場のあるなかもずに向かいます。

地下鉄の終点ののどかな街でした。

横浜で言うと「湘南台」に似てますね。やたらと塾と病院が多いぞ!

最近、工場が撤退して再開発したのかなーと思いましたがどうなんでしょう。

 

8.大阪文フリへ!

いやあ、盛り上がってましたねー。

全体的に出店者さんたちがにこにこしてたのが印象的でした。

「作品を発表できてうれしい!」みたいな、よろこびなのかな。

その雰囲気が会場全体にあって、すごくポジティブで良い感じのイベントだったんじゃないかと思います。

人見知りなのであんまりコミュニケーションしなかったですけど。

あと、会場に喫茶店があってそこでお茶したりご飯したりできるのはいいなーって思いました。

TRCにもタリーズはありますけども、ターリー屋さんのカレーを食べるのは一般の休憩スペースなのでなかなかまったりできないですし。

なこは入場直後に喫茶店でコーヒー頼んでじっくりカタログチェックしましたー。

ちなみに、13時半くらいにご飯が品切れになっていたようです。

文フリ勢がカレーを食べ過ぎたのでしょうか。

 

9.かえる

人見知りなのに初めて会う人に挨拶したり、友人のブースの売り子をしたりしたので生命力ゲージがごりごり削れたので帰ります。

おつかれさまでした。

 

10.ちょぼ焼きってうまい

大阪に詳しい同行者のおすすめで阪神百貨店のスナックパークへ。

色んなB級グルメやおやつのお店があるフードコートみたいな感じでした。椅子はない。オールスタンディング。

胃の調子がよろしくないので「ちょぼ焼き」という食べ物をちょっとだけ食べたのですが、ふわふわでおいしかったー

東京にはないのかな。

四角い形の薄めの小麦粉生地を鉄板で焼いて、ぱたんと二つ折りにしたようなものでした。

ふわふわでもたれない感じで、好きです。

ポン酢らぶ。

 

11.帰りの新幹線

大阪駅地下街のチケットショップで回数券を買って、その後みどりの窓口で席を予約しました。

行きと同じ方法です。

指定席らぶ。コンセントのある席らぶ。車内インターネットらぶ。

 

12.おみやげいろいろ

会社用のたこ焼きせんべいと、ポンポンジャポンっていうお菓子と、551蓬莱の肉まんとしゅうまいを買いました!

551蓬莱は新大阪だと並んでるので、他のところで買えるなら買ったほうが良いと思います。

 

13.そして帰京

大阪いいとこでした!

電車が東京より高いとか、地下鉄はメトロじゃなくて都営っぽいとか、本人は標準語で話してるつもりでもイントネーションは関西弁とか、地下街がすごい発達してて横浜ダイヤモンド地下街とか川崎アゼリアっぽいとか、ビルも古い感じでどこもニュー新橋ビルみたいとか、階段が急とか、チェーンじゃないコーヒー屋さんとか喫茶店が多くて羨ましい!とか、いろいろ感想をまとめるとそんな感じです。

次に行くときは胃腸を治して、立ち飲みやさんでいろいろ飲み食いしたいなと思いました。

主におでんと串揚げが気になりますね。

焼き肉も行きたい。

 

14.神奈川銘菓

今回お会いした方に「クルミッ子」という鎌倉銘菓をお配りしました。

https://www.beniya-ajisai.co.jp/shop/products/list.php?category_id=12


自分でも食べてみたら美味しかったです。

パッケージのリスの絵もかわいいしおすすめ。

キャラメルとほろ苦キャラメルのハーモニーですよー。

コーヒーとかラムに合う味。

新横浜駅とか横浜そごうとかダイエーで売ってます。

 

15.お家に帰るまでが文フリです

みんなで、無事に、楽しく帰ってきました。

またどこかでお会いしましょう。

新幹線の車内販売のサンドイッチは具沢山でラグジュアリーでしたね。



ばいばい大阪

ばいばい大阪。


<完>

スポンサーサイト

  • 2018.05.03 Thursday
  • 18:52
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    架空世界のガイドブック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM